整体とはカラダを良い状態に長持ちさせるためのメンテナンス

整体は読んで字のごとく、体を整えること。実はそれだけなんですね。
日々の生活習慣、これまでの身体の使い方の癖・運動歴・病歴など、
積み重ねの結果が、今のあなたの体を作っております。

一朝一夕でなく、数十年という月日をかけてこしらえてきたのです。
当然、身体のいろんなところに無理や負担がかかっています。
体が歪んでいて当然。それが自然であり普通なこと。

ただ、歪んでいる状態を放置しておくのはいけません。
ケアしないと、良い状態に長持ちさせることはできません。
整体とは、身体をいい状態に長持ちさせるメンテナンスです。

車でいう車検みたいなもの。楽器でいうチューニング。
でも、車で大きく違うところは、スペアがないということ。
生まれてから死ぬまで、その身体を使い続けるしかありません。
ツラいから新品に交換してもらうなんてことはできないわけです。

だから、生きている以上、身体のメンテナンスは必須事項。
自分でやるストレッチやトレーニングも立派なケアだと思います。

g3

大事なのは、自分の意思で身体に取り組むということ。
整体師は、骨格と筋肉を本来あるべきところに収めるだけ。

まさに、身体を整えるという作業。整体によって本来の定位置に収まると、
その人が本来持つ自然回復力(自然治癒力)のスイッチが勝手にONになります。

つまり、体の動きがスムーズになり、中心に軸ができたような感じになります。
ですから、整体で腰痛を治すとか、五十肩などを治すという意識ではやっていません。

施術者の「なんでも治してやる」なんて傲慢な思いが、
身体の回復自体をもっとも妨げると聞いたことがあります。

治すという思いはエゴであり、受ける人はたまったものではありません。
それにはいびつな波動が生じてしまい、良い結果にならないということです。

送り手と受け手の送受信の関係が築けはじめて、身体に良い変化が起こるもの。
会話と同じですね。感銘を受けた先生方も同じようなことをおっしゃっています。

g2

整体を受けて体の動きがよくなった、すっきりしたと同時に、
この状態がすぐに戻るのではないかと不安になる方もいらっしゃいます。

誤解を恐れずに言うと、もちろん元に戻ります。
厳密には、悪い状態を正しいと認識してきたわけですから、
急に正しいポジションに収められても、すぐには順応しません。

長い年月をかけて作ってしまった歪んだ身体です。
整体も定期的にメンテナンスするものと捉えましょう。

治る治らないといったものではなく、より良い状態を保つ、
そのために身体を使った取り組みをするのが大事と思います。

みきじろう整体では、整体の施術で身体をしっかりと整えた後に、
姿勢体幹トレーニングで良い状態を保つのが効果的と捉えています。  

また、ご自分の身体の状態を知り、興味を持って、支えてくれた身体に感謝し、
しっかり自分でも面倒をみよう!と思っていただけるところをゴールにしています。

そして、そのためのサポートを全力でさせていただいています。
このたびの長文にお付き合いいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


予約する