渋谷ヒカリエ「東京カメラ部 2018写真展」にて感性の保養に

整体師に限らず全てのあらゆる仕事を持つ人は、感性を磨き続けるべきだと思っています。

なんでもない風景や人の仕草を見て、その中に光るものを見出す感性が仕事のみならず人生を楽しくするエッセンスになると思っています。

僕も散歩がてらにいろんな写真を撮ります。

心が反応した時にだけ撮るという自分だけの基準で。

美しいと言われている景色を見にいくのではなく、なんでもない景色の中に美しさを見つけることができるかが重要ということを誰かが言っていたような…

インスタ映えのためでなく、

自分の見栄えのためでなく、

心のセンサーに引っかかった時に、すぐにシャッターを切れる瞬発力と感性だけは死ぬまで持ち続けたいと。

今年もたくさんの刺激をもらえました。

ぜひ、このGWに感性を磨きまくってください。

東京カメラ部 2018写真展

↓ 秀逸なコピーです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


予約する