動けるカラダを作る体幹トレーニングセッション風景お見せします。

03-6805-1079

動けるカラダを作る体幹トレーニングセッション風景お見せします。

2018/07/22

動けるカラダを作る体幹トレーニングセッション風景お見せします。

カテゴリー:

とある日の体幹トレーニングセッション風景をご覧ください

みきじろう整体は「身体を整えてから動く!」をモットーに
日々整体と体幹を意識した動きのトレーニングの指導を合わせてご提供しております。

動画では2つのトレーニングの一部をお見せしています。

2つともできそうでできないと思います。
やってみて「なんだ、できるじゃん」と思ったとしてもおそらく
その動きには「ムリ・ムラ・ムダ」な動きが見え隠れしているはずです。

なぜなら動く以前の身体の状態が崩れているからです。

だから先に整体で「体を整える」のです。

身体が整った状態は動きやすい状態なので、そこから動きのプログラムを書き換えるのです。
なぜなら身体を整えたとしても動きのプログラム(動きの癖)が
以前のままだとまた同じ動きのルートを使うので元の不調や不具合に戻りやすくなるからです。

身体を整えて→動きやすさを作り→動きのプログラムを書き換えるという流れ。

動きをぎこちなくさせる要因は色々ありますが、

この暑い時期は意外にも「内臓」が原因だったりします。

むくみ、足がつる、便秘、消化不良、だるい、下っ腹ぽっこり、猫背、
腰痛い、肩こり、生理痛などなどの症状が慢性的にあるとしたら
十中八九内臓に問題ありです。

簡単に言うと内臓が下垂しているのです。胃下垂も内臓下垂の一つです。
食べ過ぎ・飲みずぎ・薬・添加物・ストレス・睡眠不足などで内臓の機能は低下します。
疲弊した内臓は重くなります。下に下がってきます。姿勢が崩れます。
肩を下にひっぱります。股関節の上に重くのしかかります。他の内蔵を圧迫します。
その結果、上記のような不具合ができてきます。

内臓の整体をすることで、内臓本来のポジションに収まり、
その結果内臓の機能が上がるだけでなく物理的に周囲の筋肉や骨格に
かけ続けていた負荷がなくなるので動きやすくなったりします。
内臓の調整後のむくみや下っ腹ぽっこりが消えるので特に女性は驚きます。
トレーニングしてないのにすでにくびれが出たり、ふくらはぎがほっそりしたり、
足首がキュッとしたり…

つまり、詰まっていたのですね(苦笑) 
いろいろといろんなところが流れていなかった…

内臓を整えることがダイエットの前にやるべきことかもしれませんね。
美容目的で内臓整体を受ける女性も多いですから。

そろそろ見た目の身体より動ける身体作りに意識を向けませんか?

しなやかに動ける身体は、見た目だけでなく所作が美しくなります。
佇まいに雰囲気が醸し出されます。

そんな身体になるために、
まずは「体を整えてから動く」です。

特に足の調整、骨盤帯の調整、内臓の調整、頭蓋骨の調整が肝心要です。

ちゃんと立って、体幹から動ける感覚を磨き、内臓の機能とポジションを整え、
脳の働きを活性化することで身体全体に流れ(循環)を作ることができれば、
身体はちゃんと機能し始めます。

時間をかけてじっくり身体と向き合いながら動ける身体作りを始めておきましょう。

運動が苦手な方でも心配ありません。
一人一人に合わせたメニューを作ってマンツーマンで指導させていただきます。

大好評の「整体で整えてから動く!」を説明した動画です

当然ですが、みきじろう自身も日々身体を整え、体幹を鍛えております。

整体と体幹トレーニングコースの詳細はこちらです。↓↓↓↓↓

本気で身体の建て直しを集中して継続できる人を募集します。

~年齢制限なく動ける身体を作りたい人へ~お試し整体×姿勢体幹トレーニングのご案内

LINEからご相談・ご予約も受け付けております。ご登録ください。

ご予約やお問い合わせもLINEの方がやりやすい方は是非!

友だち追加

インスタグラムもやっております。

渋谷駅から徒歩6分、表参道駅から徒歩8分、アクセスも良好!

03-6805-1079
受付時間 11:00~20:00 営業時間 11:00~21:00(月曜定休)
  • メール予約する
  • アクセス地図

東京都渋谷区渋谷にあるみきじろう整体院は、渋谷駅から徒歩6分、表参道駅から徒歩8分と通いやすい場所にあります。
また、女性のお客様が7割以上と多いため、安心してご来院していただけるよう、常に清潔な空間作りを心がけています。

トリセツ
みきじろう整体を初めて受けた方へ
セルフチェック
整体に行く前にあなたにできること
お客様の顔写真
読み応えたっぷり!お客様の声
  • メリット
  • 選ばれる理由
  • コースと料金
  • 初めての方へ